スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

娘も年頃なんだと・・

 皆様もよくご存知の通り、長女は非常に変わっている子で、普通の中学生や高校生が気になることはあまり気にしません。

 服装も、T-シャツとジーンズがあればいいという子で、高校も毎日そんな格好で通うことになると思います。

 逆に次女は、普通の女の子が気になることが気になる子です。 最近は、「脱毛クリーム」がほしいと言われてしまいました。 実は、私はそういうケアが必要な体質でもなく気にすることもなかったのでどうしていいのかよくわからないのです。 以前、ママ友に「永久脱毛をしたの?」と聞かれたことがあり、「ううん、何も」と答えたら、「うらやましい」と言われたのですが、他の人がどうなのかもよく知りませんでした。
 私自身は 「にきび」も出来たことはほとんどなく、肌トラブルとは一切無縁でした。 (今は、足の踵の角質とか、爪が綺麗ではないとかありますよ)
 次女は、肌が弱いのでそういったものがはたしていいのか、またどういったものならいいのかがよく分かりません。 きっと、これからますます気にし始める年だし、下にもう一人女の子がいるので一度しっかり調べてみようと思いました。 
 ドンキに行って、シェーバー(?)のようなものも見てみたのですが、シェーバーと脱毛ときっと違うんですよね。 結局、ますますわからなくなって帰ってきました。

 でも、こういったことは本人が見つけていくものなのかな~。という事も迷いの一つではあります。母親が考えてあげることなのか、どうなんでしょう。 もちろん、トラブルがあってはいやなのでやっぱりある程度、大人が知識を教えてあげるほうがいいのかな、とふらふら考えています。

 実は、次女は生まれつき耳の下にあざがあり、髪の毛がながければ隠れてしまうのですが、やっぱり髪の毛を上げると見えてしまします。 ピアスやイヤリングをするときに、気になる部分ですし、成長とともにそれほど大きさが変わるわけでは無いですが、薄くなる様子もありません。 
 それで、今度皮膚科に行って、上の悩みも合わせて専門家の先生に相談してこようと思います。

 私がFacebook でよく見かける春日の「てしま皮膚科」さんに行ってみようかと思います。 実は、Facebookから、先生のブログをよく拝見していたので、この間主人が耳たぶがパンパンに腫れてしまった時に行かせました。 (私は行ったことなかったのですが) 以前、日本医大で切った時に、散々な経験をしていた主人だったので、「切るのは得意だとブログで見たよ。」と伝え行かせました。 主人は「いい先生だ。上手だし。日本医大で2時間かかったことが数分で終わった。」と満足気に帰ってきました。

 話がそれてしまいましたが、娘たちは自分も経験した悩みを持っているだろうと思いがちでしたが、以外と自分も変人だったので、普通の子の悩みはそれほど経験していないのかもと気が付きました。 
 女の子の興味を持つ対象は本当に色々ですが、娘たちが楽しく安全に色々なことを経験してほしいとは思います。 すべてに「ダメ」と言わず、理解を示しつつ、ルールを設けるのって、親にとってはすごく忍耐のいることだなと感じます。
長女には全くそういった興味がないので、逆にもう少し女の子らしいものにも目を向けて欲しいような気持ちもあり、親は欲張りですよね。 (^^)
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2015-03-30 10:59 | 子供との日常

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo