スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


三女の言葉の発達

ことばがおそいな~

 三女は、現在2歳1か月になろうとしていますが、まだ有意語が出ません。話すことは、「ママ」と叫ぶか、一文字だけ。たとえば、「パパ」なら「パ」、「じじ」なら「じ」といった具合・・。
あとは、身振り手振りでなんとか伝えようとして、「叫ぶ」だけ。
 こちらの言っていることはほぼ理解しているのに、不思議だな~と思いつつ、三人目だから「そのうちさ」と気楽に構えていました。
 しかし、主治医の先生に「2歳児検診として来なさい」と言われ先日行ってきました。

― 先生 ― ”身長、体重、その他まったく問題なし。とても理想的。 こちらの言っていることもよく理解しています。”

― 先生が身長を測るとき大人しくさせるために、とりあえず話しかけた私の質問は「このガラガラ、何色?あか?あお?きいろ?」 もちろん、2歳児に分かるとは思っていません。―

― 先生 ― ”先ほど、お母さんはずいぶん高度な質問をしていましたね。2歳児にはまだわかりませんよね。 あと、早口ですよね。 子供は、大人の口を見てまねをするんですよね。 英会話なんか言っても、やっぱり外国人の発音を真似するのに、口の動きをみるでしょ?”

― 確かに、私もクラスでしっかり口の動きを見せてます。 ―

― 先生 ― ”英会話でも、話す練習をしなければ話せるようにはならないでしょ?聞くだけではだめですよね。”

― それは、そうです。話す機会がなければ、忘れていくものです。 でも、クラスではとりあえず耳を慣らしましょうと言っているんですよね。 三女も聞いて理解することはできています。 英語のクラスでも、意味がわかっても英語ではまだみんな返せない・・。そうか、英語でももっと会話の練習はひつようね。 ―

― 先生 ― ”テレビの時間が長ければ、話す時間は減りますよね。お姉ちゃんの時はきっともっと一緒にゆっくり、オーバーアクションなくらいの言葉をつかって話していたんではないですか?”

― 確かに、いろいろな遊びに付き合って、ゆっくりお話していたかな~・・。テレビの時間もうーんと短かったです。 ―

― 先生 ― ”言葉の理解度は高いですし、普通の2歳児よりできることも多いです。一人目のお子様なら、保健所の言語指導を進めますが、三人目ですから、一人目の時の事を思い出してやってみてください。”


 と、いうわけで三ヶ月後にもう一度経過を見るためい先生の所へ行きます。
あとは、なるべくテレビの時間を減らすように、お姉ちゃんたちにも協力をお願いしていきます。
長女は2歳の時普通に会話をしていたのにな・・。三番目はいろいろな犠牲を伴って成長していくんですね。
 でも、がんばって言葉がしゃべれる環境を作っていってあげよう!と決意をしました。家事の時間を削ってでもあそんであげなければ・・。

  三人目、育児のベテランと言われるけども、子供にかける時間は限りなく少なくなっていく・・。 子供が多くなれば、育児が下手になっていくこともあるのかな~。
でも、母はがんばるぞ!

[PR]

by kidszone_bunkyo | 2007-06-02 17:05 | 子供との日常