スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


こどもとヴァイオリンコンサート

本日、サントリーホールで「いわさきちひろと吉田恭子の世界」と題されたコンサートへ上の娘二人を連れて行ってきました。
バイオリンとピアノのコンサートでした。いわさきちひろさんの絵は今までも見たことがありますが、あまり詳しくは知りませんでした。1974年に他界されていることも知りませんでした。でも、音楽と一緒にいわさきちひろさんの絵を見ると本当に素敵でした。その中でも戦時中の様子を描かれた絵は白黒の絵でした。始めて見せてもらいましたが、なんだか涙がでそうになる悲しいというか苦しい絵でした。
 
 でも、音楽の演奏もとても素敵でちひろさんが絵を再開された理由がご自身の赤ちゃんが生まれてその表情をとどめておきたいという思いからだと聞いてその母親としての気持ちにとても共感しました。
実は、最後にその「赤ちゃん」である息子さんが舞台に上がられましたが、私たちの席の前にお座りになっていた方でした。もちろん、もう赤ちゃんではなく立派な大人の方でした。(^^)

 会場の後ろでは、ヴァイオリン体験コーナーがあり、娘たちは何度も足を運んで試していました。
ちょうど、ヴァイオリンを習い始めようとしていた時でしたのでとても興味があったようです。中には、そこで素敵な演奏をしてしまうお子様もいましたが、こういったときに性格が出るものだな~とちょっと
かわいく思えました。吉田恭子さんが演奏したヴァイオリンは左手の指の動きというのかな?すごく速くてびっくりしました。きっと、後ろで演奏していた男の子もすごく練習して頑張っているんだろうなと思いました。

 とても素敵な時間を過ごすことができました。今まで、常に赤ちゃんがいる状態だったので、なかなかこういった機会があっても行くことができませんでしたが、ようやく少しずつできるようになってきました。

♪♪♪♪♪ 余談 ♪♪♪♪♪ 
 サントリーホールの前に金色の階段状のオブジェがあるのですが、帰るとき何人か子供が登っていました。コンサートの前に娘が登りたいと言っていましたが、「いけません」と私は教えていました。
案の定、上っていた子供たちに係りの人が止めに走っていたのですが、私が驚いたのは周りで見ている親は何も言わないんですよね。挙句の果てに「登るなって方が無理だよな」と言っているお父さん・・・。
いや、確かに子供にはそうかもしれませんが、「いけないことをいけない」と教えるのが親の役目でしょ。と、少々あきれてしまいました。だって、そこにいる子供たちの多くは私の娘たちも含めて我慢できているのですから。結局、係りの人がいなくなった後も親が何も言わないから子供はしばらく登って遊んでいましたね。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2008-01-26 19:48 | 子供との日常

もがいています

 あたりまえですが、子供達はどんどん大きくなっていきます。昨年末に引っ越しをしました。今までのところよりずっと広くなり、なにより光が入ってきます。以前のところは、長女が1歳半の時に入ったお部屋でその後、二女、三女が生まれスペース的に限界でした。
やっぱり、引っ越ししたことで生活感がガラッと変わりようやく普通の「家」という感じです。
 
 さて、それはさておき今子供たちに何をしてあげるべきか、また私が何をしたいのかを考えもがいています。子供達には、やはり目標や楽しみをもって子供時代からすごしてほしいのです。でも教育熱心な母親になりたいわけではなく、子供たちの将来のために布石を残してあげたい。でも、基本は「楽しく」時には「緊張感」を持って毎日を過ごしたい。
 
 子供の習い事に関しては、私なりにすごく考えています。なにが大事なのか本当にみるべきところを見ないと、無駄に時間とお金を使うだけで子供に残るものが少ないのではと思うのです。
やっぱり、自分の経験を元に考えるわけですが、子供が自分で環境を整えることは限界があります。やはり親が環境は与えるべきだと思っています。自分は、どちらかというと自分自身で環境を作ってなんとかやってきましたが、親がもう少し何かをしてくれればという気持ちが残っています。私の両親はできる限りのことをしてくれたのだと思い、感謝はとてもしています。親の視野はできる限り広くないといけません。それでないと偏った環境しか与えられません。
 
 今は、頭の中でぐるぐると何かを考えていますが、はっきりとした考えが浮かびません。困りました。
自分自身も何かがしたくて、でも何をするべきかわからない。本が読みたいけど、何を読むべきか分からず、本屋さんへ行ってもこれといって目に入るものがない。自分が習い事をしたいわけでもないが、何かをがんばる、練習するといったような状況がほしいと思う。
 
 そんな感じで、いまはもがいているといった状況です。でも、考えることをストップはしません。進行形で明日も考え続けていきます。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2008-01-20 19:43 | 子供との日常