スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


セット教材について

英語のレッスンをしていて、多い質問の中にセット教材についてがあります。
英語のセット教材は、いろいろなところから多くの種類が出ています。みなさんよく御存じなのは、ディズニーのキャラクターが出てくるものやセサミストリートのキャラクターのものでしょうか。
オリジナルのキャラクターがマスコットになっている教材もたくさんあります。

 まずほとんどの教材がお試しDVDのようなものを用意していて、無料で内容を少し体験できるようになっているはずです。また、ほとんどがインターネットでその視聴DVDなどをお願いできるようになっているはずです。あとは、電話がかかってくるのではないでしょうか。一度、お試し教材をお願いすると、購入を勧める電話がしつこくかかってくるところもあります。そのような場合、一度は電話を切ってから落ち着いて購入するのであれば手続きするほうがいいでしょうね。

 ここで、ひとつ頭に入れておいてほしいのは、DVDに子供が反応したから「これがいい」と単純に思わないでください。子供は、音楽がありアニメーションがあるDVDは英語でも日本語でも、またキャラクターによらず大好きなんです。まず、反応を示します。ですから、電話などの勧誘でも「お子さまの反応はどうでしたか?」と最初に聞かれます。もちろん、正直に「楽しんでいました」と答えても大丈夫ですが、そのあとは断るのであれば「ですが、家の子にはまだ必要ありません。」とはっきり言いましょう。
(断るのは結構エネルギーが要りますけどね)

 さあ、購入した場合はどのように使いましょうか。最初のうちはお母さんも一緒に使いますよね。でも、だんだん使う時間が減ってきてどこかに片づけたままになることも多いのではないでしょうか。
また、兄弟姉妹がいると下の子が邪魔したりして、またまた使えないなんてこともあります。
こういった自宅で行うセット教材は値段が高いものが多いので、購入するとなんとか使おうとがんばりますが、子供は一人では勉強できません。ですから、親の覚悟が必要なんです。お母さんは、家にいるとしなければいけないことはつきません。でも、なんとか30分でも時間をきめて子どもと一緒に教材使うことができればきっと「買った甲斐」があったと思えると思います。

 教材の中にフォニックスがあれば、ちょっと頑張ってみてください。それから、単語は使わないと覚えないので、教材の使用方法以外にもゲーム遊びを考えて使ってみてください。
DVDなどの映像教材は、子供に一人で見させる時間ももちろんできてしまうでしょうが、一度は一緒に見てください。お母さんと一緒に会話をした部分はきっと強く残るはずですから、その後一人で見ていても同じように反応を求めてくると思います。忙しい時はその時だけ一緒に見てあげればいいですよね。

 これは、わたしの個人的な考えですが、ベネッセのだす教材は基本的に好きです。よく、研究されていますし、薄利多売で値段も求めやすいものが多いですよね。ただ、「おやこえいご」は2カ月おきに教材が送られていますが、家の場合はやはり私が時間を取れないためにうまく使いこなすことはできませんでした。また、下の娘がココパットを使いたがって邪魔をしますし、2ヶ月間では飽きてしまい最後はしまいこんでしまいました。結局使う側の気持ちしだいということなのでしょうか。
私のところへ来てくれていた幼稚園の女の子ですが、フォニックスがとても得意でした。どうして、そんなに良くできるんだろうねと聞いたところ、家でワールドワイドイングリッシュのフォニックスをしたからと言っていました。ですから、うまく使えればとても力がつくんですね。

 今後もブログを通してレッスンを通じて私が学んだことをお伝えしていきます。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2008-03-30 13:55 | こどもと英語で遊ぶ会

レッスン終了のお知らせ

2001年の5月に初めて「こどもと英語で遊ぶ会」のレッスンを文京区不忍通りふれあい館で行いました。その後、次女、三女の妊娠出産で中断をした時期もありましたが、約7年続いてきました。
最初にレッスンに来てくれた子供たちは、4月から小学三年生になります。
現在も、新しく問い合わせもありうれしい限りなのですが、2008年4月いっぱいでレッスンを終了させていただくことにいたしました。

 当初は、子供たちが大きくなってくればやりやすいのだろうと考えて三女が三歳くらいになればずっと楽になると思っておりました。しかし、長女と次女がそれぞれ別の学校と幼稚園に通い、またそれぞれが親の負担が大変大きく重要なところで、役員やボランティアといった仕事が度々あります。そのなかで、スケジュールを調整することが難しくなってきました。また、午後と日曜日に行っていた三歳以上と小学生のレッスンも子供たちが大きくなるにつれて、自分の子供たちの習い事やその他時間を使うことが必要になっていて十分な用意ができなくなってきました。

 まだまだ、子供たちに教えたい事やお母様たちのお手伝いがしたいという思いもあるのですが、同時にわが子たちへの時間が十分に取れなくなっているストレスもあり今回レッスンを終了することを決めました。皆様には本当にご迷惑をおかけいたしますがどうぞご理解のほどお願い申し上げます。
 
 ただ、今後このブログでも英語学習のヒントや私が使っていた教材の紹介と使い方なども少しずつ伝えていきたいと思います。「こどもと英語で遊ぶ会」は今後しばらくの間皆様とインターネットを通じてのレッスンとなります。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2008-03-23 22:43 | こどもと英語で遊ぶ会

おおきなアルファベットパズルシートを使って

私が、レッスンで使うアルファベットパズルは100円ショップで買った小さいパスルでした。これは、子供も大好きで、遊びながらアルファベットの形に慣れるにはとても安くて最適なツールでした。ただ、最近100円ショップで見ないという声も聞かれました。
 今回私が勝ったのは、ひとつのアルファベットが30cm×30cmのパズルシートになって26枚セットのものです。「ヒラキ」という安い靴の通販サイトで購入しました。
これは、4辺がギザギザになってそれぞれをくっつけていけるものです。同じようなパズルは皆様も見たことがあると思います。(今回のは、安かったので質は悪くすぐに切れてきます)

 さて、これを使って一つ遊んでみましょう。
1.適当にパズルを線路のようにつなげてみましょう。
2.子どもと一緒にパズルの上を一枚ずつ踏んで進んでいきます。
3.踏んだパズルのアルファベットを名前とフォニックスで声に出していきましょう。

最初は、ABCの順番に、そのうち順番はバラバラにして試してみましょう。
応用編は踏んだアルファベットで始まる単語を覚えていくといいでしょう。
これは、パズルを買わなくても画用紙で26文字作ってつなげてもいいです。その場合は画用紙の上に乗ると滑ってしまうことがあるのでアルファベットを並べて、見ながら順番に声を出していくだけで十分です。

次はアルファベットをならべて、単語を作り、フォニックスのルールにしたがって一音ずつ読んで一つの言葉にしてみましょう。

このような遊び練習で英語が読めるようになってくるはずです。でも、時間はじっくり掛けてください。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2008-03-05 16:31