スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


望遠鏡作り

 夏休み補習授業の一環で、望遠鏡づくりをしました。
2つの虫眼鏡を使って作るケプラー式の望遠鏡です。 焦点距離の出し方や、倍率の求め方などを覚えて、小学生ががんばってつくりました。

 望遠鏡を通して見える映像は逆さまになります。 こんな簡単な望遠鏡でも、お月さまなどを見ることは出来ます。 星は、やはり点にしか見えないと思いますが、もう少し倍率を上げれば、金星などが月のようにかけた様子が見えるかも知れません。 私は始めて金星を見たのは天体望遠鏡ではなく双眼鏡でした。 銀色の小さいお月様と思い、すごくきれいでかわいい星でした。

 幼稚園年長さんも興味を持っている子がいるので、また望遠鏡づくりをしたいと思います。


f0111695_994074.jpg

[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-31 09:09 | レッスン情報

「散らかさないで!」 「片付けなさい!」

 「散らかさないで!」と「片付けなさい!」 どちらもつい子供に対して口から出てしまう言葉です。 同じような言葉ですが、最近ふっと思ったことがあります。

 子供たちがする大人をイライラさせる行動ってありますよね。 でも、「自分も子供の頃は・・」と思ったことありませんか?

 子どもが、おもちゃや勉強道具、脱いだ服など散らかすことは「ふつう」の事だと言えますよね。もちろん、散らかさない、脱いだ服は綺麗にたたむなど出来れば素晴らしいとは言えます。が、子供なら当たり前の部分というのは注意の対象にはなりますが、なくていいものではないと思うのです。

 例えば、小さい頃から「散らかさないで」「どうして、こんなところに置いておくの!」「すぐに片付けなさい!」と言われ続けると、子供は「散らかす」ことはいけないこと、「置きっぱなし」は悪いことと思い、モノを出すことにもビクビクするかもしれませんし、おもいっきり遊ぶという経験、おもいっきり絵を描くという開放感が味わえない可能性もありますね。 また、その子どもが大きくなったとき、自分の子供や他人の子供に対しても「子供だから・・」と考えるいう余裕がなくなり、躾も厳しくなるでしょう。 他人に子供にイライラしてストレスをためることにもなるかもしれません。

 私たちも、子供の頃は完璧でなかったと思います。 「私も子供の頃はよく散らかして怒られた」「よく’かたづけなさい!’って怒鳴られたな」とちょっと笑いも含めて思い出されます。 子供の頃に「散らかす」子がかならずしも「片付けられない」人間になるわけではないですよね。 ご両親から「散らかしたら、片付けなさい」と言われた子供は、散らかすことがあっても片付けることも覚えているはずです。 もしかしたら、怒られる形で「片付け」を言いつけられたかも知れませんが、「散らかす」ことをダメだと押さえ付けられたわけでは無いはずです。

 決してやってはいけないことは子供にもあります。 そこは、大人がしっかりと「区別」擦る必要がありますが、必ずしもすべてが怒鳴られる対象では無いはずです。
「散らかす」なら「片付けることを」教えればいいですものね。 「置きっぱなし」になるなら、「出さない」ではなく「しまう」ことを教えるのがいいのかなと思います。

 子供たちが、親になったときに「自分も子供の頃は・・。」と思える「余裕」が必要だと思います。 すべてではありませんが、子供もやってはいけない事を「経験」して、「いけない」と覚える必要があることもあります。 なんでも、する前に「ダメ」では彼らが自分の子供達に教えることが分からなくなってしまいます。 今の親の年代ではすでに厳しくしつけられた方もいるでしょうが、「子供だから・・」と心で笑いながら、「いけません」といえる事が大事かなと思います。 でも、「どうするべきか」教える責任はありますし、笑って見守ることと厳しくつたえることの「区別」は必要かなとおもいます。


 私自身も偉そうなことは言えないので、理想と現実は違ってしまいますが。 難しいですね。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-30 21:44 | 子供との日常

英語サマースクール

昨日と今日の2日間、英語のサマースクールを行ないました。

普段のレッスンとは違い、DVDなどもみました。 ただ、英語のDVDは1度見ただけでは何が何だかわからないものだと思います。 今回は、エリック・カールのはらぺこあおむしやだんまりこうろぎ、パパおつきさまとってなどをみました。 日本語でも絵本が出ているので、見たことがある子供は話の内容自体はなんとなく分かっていたと思います。

また、いつもと違うレッスンとしては、アルファベットBINGOもしました。 形や色から何かを当てるクイズも行ないました。
人数が多い中で、小学生にはクイズなども答える側から、クイズを出す側に回ってもらったりしました。 でも、ちょっとつまらなかったかなと、反省しています。

まだ、8月にもサマースクールは残っています。 今度は、またちがう内容を試みてみます。
どうぞお楽しみに。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-30 21:10 | こどもと英語で遊ぶ会

セミの幼虫

 今日は、そろばんタイムが一段落して夕方から子供たちを連れて近所に外出しました。
ラクーアまで歩いていく途中で、中央大学のとなりにある公園を通って行きました。
通り抜けるだけのつもりが、鉄棒、ブランコや平均台があったので、子供たちが捕まってしまいました。
 公園の中央に大きな木がたくさんありますが、ちょっとみるとセミの抜け殻がたくさんあり、地面には穴がたくさん空いています。 きっともう少しすれば幼虫が土から出てくるだろうなと思ってみていました。 お知り合いの方がちょうどその公園にいらして、手に持っていた虫かごを見せてもらったら、たくさんの抜け殻と幼虫がいました。実は、私は抜け殻になる前のセミを見たのは始めてでした。 山の子で、抜け殻はさんざん集めたのですが、土から出てきたセミを見たのは始めてだったのです。

 その後は、ラクーアへ行き少し時間をつぶし、8時半ごろ帰るときにもう一度公園を通りました。ちょっと、暗くて幼虫は探せそうにないなと思い、諦めて歩いていたら、三女が「いた!」と大声をだしました。 よくみると、ブロックの内側をひょこひょこ歩いている幼虫を発見。「おー、よく見つけたねー」と4人で感動しました。 もう少し見ると、蝉の抜け殻が気持ちの悪いほど柵の裏側などにたくさん付いていました。 子供たちに、「セミは土の中に十年以上いて、今出てきたこのセミは1週間で死んじゃうんだよ」と伝えました。その後、中央大学の塀でも上へ登っていくセミの幼虫を三女が見つけました。

 私を含め、子供たちもちょっと貴重なモノが見られたなと思い、夕方の外出に収穫があったことがうれしかったです。 本当は、抜け殻から出てくる様子も見られるといいのですが、ちょっと捕まえる勇気はなくて出来ませんでした。 このあたりが足りないんですよね・・。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-29 07:13 | レッスン情報

ショクダイオオコンニャクを見てきました。

今日は、朝7時前に小石川植物園へ入園券を買いに行きました。
昨日は、早々に入園券が終わってしまい、午後見に行くつもりが出来ませんでした。 ホームページで見てみたら、今日の7時から発券とあり、7時前に行きました。
 ならんでいるだろうとは思いましたが、すでに長蛇の列。 植物園横の坂のほうに列がつづいていて、どこまで続くのかと思ったら、植物園裏の道までぐるりと並んでいました。もしかしたら、数時間待ちかと覚悟していたのですが、意外と早く購入することが出来ました。

 午前中は、生徒さんがいたので、11:30頃子供たちと戻ったら、やはりすごい人でした。
2:00に別の生徒さんがくるので、それまでに戻れればと思いましたが、聞くと「2時間~2時間半」と言われ、とりあえずギリギリまで並ぶ覚悟で行きました。
ならんでいるうちにもしかしたらまわりからも見えるのではと思い、子供たちにテントまわりを見てきてもらったら、「みえたよ」というではありませんか。
次に、長女に列に並んでもらい、私も偵察に・・。 あら、結構近くで見えるじゃないですか。
その時に取った写真が下です。 十分ですよね。
長女の体調がおかしくなってきたので、列から離れてもう一度みんなでまわりから観察して帰りました。 途中、自転車もこげないくらい長女の体調が悪くなり、熱中症だと思い、自転車を置いて、三女に歩いてもらって長女をわたしの自転車に乗せて、急いで家に戻りました。
家の近くまで来ていたので助かりましたが、家でしばらく体を冷やし休養をとったらなんとかよくなりました。 吐き気を訴えていたので、まずいなーと思いましたが、大事に至らなくてよかったです。

 水分も十分とって、うちわも持って行きましたが、やはり気温が高すぎですね。
次はいつ見られるかわからないし、夏休みということで子供たちに見せることができてよかったです。
f0111695_18125793.jpg
 
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-24 18:13 | 子供との日常

ESTAの登録と国際免許書

 今日は、ネットでESTAに登録しました。2009年よりビザなしでアメリカへ行く観光客はESTAというシステムに登録する必要があります。
私がアメリカにいた頃は必要のなかった手続きです。 テロなど色々と事件があるので、仕方のないことなのでしょうね。 私は学生ビザでアメリカへ言っていたので、ビザなしは始めての渡米になります。

 さて、国際免許書も神田に申請に行ってきました。田舎にいたときは、県庁所在地まで行く必要があったことを覚えています。 東京は楽ですね。
日本では、事故も違反もありませんのですぐに発行してもらえました。カナダまでドライブをしていこうと思っていますが、少々不安も・・。
 私は、免許をとって1ヶ月もしないで、アメリカへ行ったので、ある時点まではアメリカでの運転経験の方が長かったのですが、帰国後は日本のみですからなんだか不安です。
アメリカで運転を怖いと思ったことはないし、シカゴもロスも大きな街でも運転していましたが、東京では決まった場所しかいけません。 でも、日本の感覚が長く続いたので、アメリカで運転が出来るかちょっと不安です。
右と左はやはり間違えるんですよね・・。まあ、以前に一度バッファローからカナダまでチェロキーに乗って母を連れていったことがあるので、思い出せると思うのですが・・。

 アメリカへ行く前の手続き類は済みました。 まだまだ用意が必要ですが、忙しいのでなかなか大変です。 
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-15 16:03 | アメリカ行き2010

アメリカからのかわいい生徒さん

6月の終りから先日までシカゴに住んでいる小学校入学前のお嬢さんが、国語と算数を勉強するために通ってくれていました。

ちょうど、日本だと1年生と同じ年齢です。 もちろん、英語がネイティブランゲージとなるのでしょうが、お母様が日本人ですので日本語もとっても上手。 本当のバイリンガルですね。

驚いたのは、ひらがなもカタカナも日本の子供たちと変わらないくらい出来ることです。
読むことも書く事も十分出来ていました。 特にカタカナを中心にということで、カタカナしりとりやカタカナことば探しなどただアからンまで書くのではなくて、文章の中、ことばの中のカタカナを一緒に勉強し、書き出しました。
実は、今は1年生でもカタカナは全部やらない学校も多いのです。ですから、高学年になってもカタカナを間違える子もすくなくありません。

算数は足し算引き算はもうできていたので、10より大きい数の計算やさくらんぼ分解などでさらに繰り上がり、くり下がりの基礎を勉強しました。 おはじきを使って計算もしましたよ。あとは、文章題です。 こちらは、日本独特のものもあるので、読む練習も兼ねてですが、よく出来ていました。

彼女は、色々なことをお話してくれて、本当に楽しい時間を過ごしました。勉強が終わったあとは、かるたやおはじき遊びやミッケをしました。 おはじき遊びが一番気に入ってくれました。 とっても素直で、素敵なお嬢さんでした。 
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-07 21:36 | レッスン情報

七夕かざり

 七夕まで、スタディルーム文京の玄関先に雨の降っていない時は笹かざりをだしておきます。
短冊も置いておくので、よろしければ願い事を書いて飾っていってくださいね。雨の時は少し雨の当たらない所に避難させますが、短冊があれば飾っていってください。

f0111695_1117859.jpg

スタディルーム文京
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-03 11:18 | 運営ダイアリ

そろばんタイム in 夏休み

<そろばんタイム in  夏休み>

春休みに行ったそろばんタイムのリクエストを受けて、夏休みも7月に5日間そろばんタイムを設けました。

対象: 年長児~小学生 そろばん初心者

費用: 1回 1000円

内容: 算盤のたし算、ひき算、かけ算

    始めての方はたし算から、その他は春休みまでの進み具合で決めていきます。

日程: 7月21日(水)、22日(木)、28日(水) 10:00~11:15
    7月23日(金)  14:30~15:45
    7月24日(土)  14:00~15:15

1回から申込可能です。
また、そろばんは数台貸し出し可能ですので、申込時にお知らせ下さい。

申し込み先: info@sr-bunkyo.com  石黒まで
       3818-2884

URL: http://www.sr-bunkyo.com

ご質問等、お気軽にご連絡下さい。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2010-07-01 00:19 | レッスン情報