スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


大学の単位認定試験終了

 先週ようやく1学期の単位認定試験が終了しました。 ようやくとはいっても、いろいろと時間もとれないので、一学期で取れるクラスは現在3クラスが限度と判断してちょっとずつ。

 やはり、私は記述式が苦手・・。 アメリカの大学にいる間に何度も英文レポートは書いたけれども、英語ができるできないは別として、比較的得意でした。 大学の最初に受ける英語の授業でも thesis の書き方を教わります。 私にはとても書きやすいものでした。

 しかし、日本語になるとなぜかむずかしい・・・。 アメリカの大学で書き方を教わっているときに、「日本ではなんでもっと文章の書き方を教えてくれないんだろう」と思った記憶があり、日本とアメリカで論文的なものを書くことやそれを教える教育の差を感じた覚えがあります。

 とにかく、もっと勉強の必要性を感じました。

 他の教科では、日本で最初の幼稚園ができた年を4択で選ぶ問題が出ました。 緊張しましたよ。
なぜかといえば、長女の幼稚園だったからです。 
勝手に、「これは間違えるわけにはいかない!」と自分でプレッシャーを感じてしまいました。

 明治だったのは覚えていますが、明治の選択肢が2つ。 うーん、しっかりと覚えておくべきだった・・。 数年前に小学校で130周年を迎えていました。 小学校と幼稚園はそれほど前後しないで出来たはずです。 しかたない、西暦で逆算だと「2008-130=1878」 そして、「平成20+昭和63+大正14 = 97」 これで、明治の終わりの西暦がだいたい出たぞ。 「2008-97 = 1911」 
1911年が大正元年の前の年。 ここまででれば、「明治9年」か「明治42年」かのどちらかはっきりしました。
実は明治が正確に何年まであったか覚えていなかったのですが、40年代だったのは覚えているので、小学校ができた「1878年頃」が明治42年でないのは明確でした。 
 
 試験監督官が、問題用紙に筆算をしている私を少し怪訝そうに見つめていたのを感じました…。

 と、この問題にかまけていたら、1歳から6歳までの発達段階を問う4択で間違えたことに終了後きがつきました・・。 3人も育てているのに。 でも、いまだにちょっと問題に納得していませんが。

 なんだかんだと、終了してまずはほっとしました。 土曜日に、生徒さんから「そうえいば、試験どうだった?」と聞かれ、「うーん、後半はまあまあだけど、前半の記述問題がボロボロ」と答えました。 そして、「文章を書く練習をしなさいよ! 絶対 必要なんだから!」と 日記でも、感想文でもいいから書き続けなさいと伝えました。 いま苦労している私の姿を見て、勉強する意味を少しでもわかってくれるといいな。

 
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2011-07-31 12:46 | 運営ダイアリ