スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース


東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習
by kidszone_bunkyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


宿題 5月28日 根津小学校クラス

 本日は、Unit1の復習をしました。 年齢はみんな言えるようになっていて、素晴らしいです。 結構、年齢を言えるようになるまでは時間がかかりますので、上出来です。

 Unit1-3の ダイアログはまだできていません。 「she, he, her, his」の使い分けをしっかりと出来るようにしましょう。 家族の名称も覚えましょう。
CDを何度も聞いて音で慣れてしまいましょう。

 あと、Unit2-1 の前半を練習しました。 自分の住んでいる場所が言えるようにしましょう。
こちらも、CDをたくさん聞いて下さい。

宿題
 (1) ワークブックp7 [2] アルファベットの小文字を埋めてきます。
 (2) プリント(なぞりましょう) なぞって、 4回読んで練習しましょう。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-28 20:39 | レッスン情報

宿題 5月27日(4:00)

 本日は、「曜日」と「月」の名まえも歌で練習しました。 Unit1の復習も行いました。 まだ、年齢の言い方と、数がしっかりと覚えていないので、CDを聞いてなんどでも復習して下さい。

 Unit2-1 の前半部分を勉強しました。来週も引き続き同じ所を練習します。

宿題
ワークブック p8 [1] の色塗り。 「大きさ」「新しさ」の言葉と、色に気をつけること。

プリント(なぞりましょう)

次回は、6月3日(月)です。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-28 10:23 | レッスン情報

宿題 5月24日(金) 4:30クラス

 本日は、Unit6-2、6-3を行いました。

 ワークブックp25 もクラス内で終わりました。 「How many」の意味をしっかりと覚えていたので素晴らしいです。 一度聞いた英語を、すっと真似できるようになっています。 以前勉強した事も、繰り返し復讐することで身についてきています。

 宿題
テキスト p38 CDを聞いて、反対言葉を覚える。
ワークブック p26 [1]のみ 反対言葉と色に気をつけて、色塗りをしてきて下さい。
プリント 1枚

**次回は6月7日です。 5月31日はお休みです。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-24 17:31 | レッスン情報

5月20日 小学生英語(4:00) 宿題

本日、UNIT1 3 を行いました。

重要単語
Who
She
her name
He
his name
 家族の名称

宿題

 1) プリントの英文を4回ずつ読んで下の絵に色塗り
 2) Workbook p7 (number , alphabet)

1)の宿題は読み方がわからなければ、CD4 を聞く。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-20 17:17 | レッスン情報

知識と実践力

 先日、三女のお供で理科実験教室へ行きました。

 同時並行で、保護者向けのセミナーもありました。 主にPISA型学習という事についてお話を聞きました。
「ゆとり教育」と言われた教育から、指導要領が変わり、教科書の内容もぐっと変わりました。

 これは、姉たちの時から何度も聞いてきた内容です。 そして、今子供の学習指導要領には「生きる力」と言う言葉があります。 この言葉は、次女の学校ではすでにずっと前から使われていて、それが次女の学校の教育です。 国立は10年後の教育のために存在する学校ですから、納得です。 ただ、私自身は「生きる力」の意味を少し勘違いしていました。 サバイバル的な意味合いを感じていたのですが、実際はコミュニケーション能力を磨き、実践力をつけていくといったことですよね。 ただ、この辺りの話はまた別にしたいと思います。

 今回、見学をしていて驚いたことがいくつかあります。 光の勉強でしたが、小学2、3年生ではまだ内容としては難しいことです。 でも、レクチャーのあいだは、飛び抜けて知識の豊富な男の子がいました。
「虹の一番上の色は?」「赤!」  「赤より上は?」「赤外線」
大人も「おお!」と思います。

 ところが、実際紫外線LEDを使ってブラックライトを作る場面になると 「せんせーい、失敗すると嫌だからやって~!」 「わからなーい」 の連発です。 また、あえて男女で見るならば、男の子のほうが断然不器用で、先生の説明についていけない子が多いのです。 女の子で、「できない」と言う子は一人もいません。
難しところもやってみて、「これでいいですか?」と確認するのが女の子です。

 クラスでも、「習ってないから出来ませーん」という子はいます。でもやっぱり男の子だけです。
いままで、あまり意識しませんでしたが、最近読んだニュースに内定率が男子を女子が上回ったとありました。こういうことかな?と思いました。
もちろん、これが全てではないし、女の子が決して「できませーん」と言わないわけでもないと思います。
男女関係なく私が企業の人間ならば、最初から「言われてないから、習ってないから出来ない」と言う子はやっぱり必要ありません。 限られたリソースで考えて行動できる人間が必要ですね。だって、一から十を全部を教えてもらえるほど社会は甘く無いですから。一を知って、十を考えられる人間のほうが魅力があります。
そして、わからないところをきちっと確認できる子が魅力的です。 「わかりませーん」と言いっぱなしの子は残念だなと思います。

 知識だけで終わらないで、それを活かせる能力を身につけて欲しいです。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-20 13:43 | 運営ダイアリ

根津 小学生英語クラス宿題(5/14)


今回の宿題は、テキストとワークブック両方からです。

 テキスト p9 四角にお母さんかお父さんの絵を書いて、下の文章で適当な言葉に丸をつける。 最後にそれぞれのお名前を書く。 (ローマ字は教えてあげて下さい)

 ワークブック p6 おうちの窓に家族の絵を書いて、色をぬる。

今回は、

 He(かれ)  She(彼女)  his(かれの) her(かのじょの) という言葉を勉強しました。
 CD10 を聞いてしっかりと声を出して読めるようにしましょう。

 また、リスニングは年齢の聞き取りでした。 年齢はこたえるのが結構難しいので、何度でも練習しましょう。
数字も聞き取れるようにしましょう。

 CDは毎日聞いて下さい。
[PR]

by kidszone_bunkyo | 2013-05-15 11:01 | レッスン情報