スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

本をたくさん読みましょう -

 英語のクラスに来てくださるお母様方に必ずお伝えすることがあります。 それは、英語は「コミュニケーションツール」の一つです。 「発音はネイティブのようである必要はない」ということです。
まずは、ペラペラにさせたいと考える前に母国語の基礎国語力を鍛えましょう。 英語は日本人にとって第二言語です。 日本で生活している限り日本人の第一言語は「日本語」 です。 そして、ざんねんながら日本人は母国語教育を十分に受けているとは言えないのではないでしょうか? また、時代とともにご近所づきあいが薄れる中で子供たちが多くの大人と会話をする機会も減ってきています。 「国語」は小学校からずっと習い続けますが、どうも何を習ったのかうまく説明できませんよね? 私も同じです。 これが、日本人が外国語を苦手とする理由の一つでもあると私は考えます。

 母国語は言語の基本です。英語を子供に聞かせるのは悪くありません。ぜひ、耳から英語の音を聞かせてあげてください。 ただ、母国語をしっかり勉強していないと、英語も上達しません。 私は、ペラペラにするための英語レッスンはいたしません。 それは、週1回1時間弱のレッスンでは無理です。 私の指導は、英語の音に慣れること。 語彙を増やすこと。 コミュニケーション能力をつけて、簡単な会話を「完璧」ではなく「続けること」です。 「完璧」な会話はできません。 会話を続けて成り立たせることが大事なのです。 それには、母国語でコミュニケーションが取れなければ無理なんです。 英語レッスンを始める前に、お母様たちにはお子様が「日本語」をしっかりと身につけることを忘れないようにお願いしています。

 スタディルーム文京で教えてくださっている国語算数の講師二人は共通して、「本を読む」事の大切さを特に言われます。 ここでは、少しの時間でも「読む」時間を授業の前に入れてくださっています。 また、読むだけではなく、読書メモに登場人物を書かせたり、あらすじを書かせたり、感想だったり、絵を書かせたりして読んだものを子供がどのように理解しているかまで見てくださいます。本を読むことは語彙も増え、表現力も豊かになります。 

 「大事な事」を見落とさず、レッスンを続けていければ、子供たちはきっと素晴らしい力をつけてくれるものと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~
スタディルーム文京
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2009-11-09 14:35 | レッスン情報

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo