スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

テストの点数

 長女が算数のテストを2枚持って帰ってきました。 のび太君ほどではないですが「えっ!」と目を疑う点数です。 テストがあるのはわかっていました。 けれども、長女はテスト勉強を進んでするようなタイプではなく、私も範囲がはっきりわからずとりあえず「テスト勉強をしておきなさい」と言うだけでした。
正直、それほどひどくはならないだろうと思っていたのです。 甘かった・・・。

 テストを見ると、あまりにもばからしいうっかりミスもあり怒る気にもなれませんでした。 しかし「概数」の分野があまりにも出来ていませんでした。 そこで、家にある教材から「概数」の問題だけを何枚もやらせてみました。 (いつもなら、いやな顔をする娘が、自ら「やらないといけないと思った」と進んで問題に向かっており、本人にも今回の結果はショックだったようです)
すると、難なく問題を解いています。 答えも間違っていません。 何が問題なのでしょう?
長女の算数の先生は進学塾にいてもよい感じの先生ですから、テスト問題が時々非常に難しい言いまわして出てきます。 今回はそれほど、問題の表現が難しいわけではありませんでしたが、問題の意味を理解していないのかなとも思いました。 たとえば、「十万の位までの概数」とか「上2ケタの概数」という言葉の意味が理解できないのかなと思えるほど、ちんぷんかんぷんな答えを書いているのです。 さらに、青ペンで間違えたところを直しているのですが、その答えも全然違います・・。 
家で、やらせてみたプリントは先生の問題と同じような表現で問題が出されていますので、そちらが解けているというのは少し謎です。 テストがリラックスして受けられないとか、「慣れ」が足りていないといった算数以外の要因でテストが出来ていない気がします。

 さて、それならどうするのか・・。 やはり、似たような問題も何度もやらせて「慣れ」させるしかないようです。
問題を家で挑戦すれば解けてしまうので、教えることはないんですよね。 でも、これって算数が出来ないっていう状態よりも難しいです。 今回は本人が危機感を感じて自ら復習する気になったのでとてもよかったのですが、いつもならその状態を作り出すことが大変なんです。 

 今回は、後手に回ってしまった形ですが、出来ていないところがわかり復習して確認をする事ができました。
これは、これでよかったのかなとも思います。 本当なら、テスト前に出来ていればいいのですが、自分の出来ないところがはっきりわからない子供には「後から」追い付く形でも問題ないと思います。 いつか、追い付き追い越す時が来ると信じます。 さて、まだまだ頑張ってもらいます。

~~~~~~~~~~~~~
スタディルーム文京

 
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2009-11-18 22:45 | 運営ダイアリ

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo