スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

振替週間

******************************************
3月20日(日) 10:00~ 幼稚園英語クラス
3月22日(火) 10:00~ 本駒込地域センター こどもと英語で遊ぶ会 未就園児クラス
       ☆ 時間が変更になっていますご注意下さい。
3月23日(水) 13:30~ 振替用時間枠有り(ご希望の方ご連絡を)
       18:00~ 小学生英語
******************************************

今週は、先週中止になったクラスが沢山振替になります。私も、気をつけていますがなにかおかしなスケジュールだと思われたらご連絡ください。

少し前に買いだめの事を書いたのですが、ちょっと考えました。
以外と買いだめをしている人は少ないのかも、と。 もしかしたら、娘家族や息子家族のために代わりに買われている方、被災地の親族へ送るために買われている方、救援物資用に寄付するつもりで買われている方も多くいるんじゃないかと。
そうなると、インターネットやマスコミで言われているような怒りの意見は的を得ないものになりますよね。 もし被災地に自分の子供や親族がいれば余分に買って送りますよね。 もちろん、もっと西から出来ればいいけれど、東京にいる親が一番遠くの親戚だったら東京で買うしかないですもの。

怒りの意見は「そうだ、そうだ」と賛同しやすいものですが、良く考えてみると非常に無責任なものかもしれません。 もし、言われているような光景が上記の理由でとなると、ただ買いだめするなという意見はおかしくなってきます。 批判って、言ったもの勝ちだから、言う人は本当にその人物が、貯めこむためだけに量を買っているのか確認してから言わなければ、本当の意味で被災地の事を思って言った言葉ではなく、ただ自己満足の非常に利己的な批判に変わってしまいますよね。

人は、「当たり前のことを言っている」時が一番本当は注意が必要です。特に他者に向けて言葉を発信するならばまさに周りの意見にただ流されて賛同するのではなく、背景までも確認して言葉を発しなければ、自分がいい気持ちになるためだけに「常識人」であると自分に言い聞かせるためだけの言葉になってしまいます。

という私が、以前ブログを書いた後で思いました。 私も、被災地の人が生理用品が足りていないのは辛いだろうなと思い、都のホームページで確認して救援物資のリストに上がっているのを見て寄付をしたいと思ったのです。そこで、上記のような理由にようやく気がついたわけで、情けないですね。ただ、都内も生理用品が普段のようにないという話を聞き、それなら都内で大量に買うわけにもいかないと義援金という形にしようと思いました。
でも、もし自分の娘が被災地にいたら、都内で買って送ったと思います。その姿が買いだめに見られることも覚悟で。 だから、ただ批判するだけなのは簡単だけど、やっぱり理由も一つではないと情報を受け取る側も考えないといけないと思いました。
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2011-03-20 13:22 | 運営ダイアリ

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo