スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

小学校受験/幼稚園受験の時期になりました

 また、小学校/幼稚園 受験の時期になりました。

 私の話す受験は、主に国立です。 娘二人は、それぞれ別の国立附属へ通っています。 三女は区立です。 ただ、私は子供たちに特別なことはしませんでした。 塾にも通っていませんし、通信教育もしていませんでした。

 ただ、先日次女の学校の保護者の方がこのようなことをおしゃっていました。 「くじといっても、受験なんだから、受験勉強もしないで入ってくるほうがおかしい。 そういう親の意識が低いのだ」 という内容でしょうか。内心、(あら、それはまさに、家だわ)と苦笑いをするしかありませんでした。 まあ、色々な考え方の保護者がいらっしゃいます。 でも、長女の学校ではPTA会長も致しましたし、次女の学校でも本部役員をしております。(主人ですが・・) まあ、結果はそれを見ていただくしかないですね。 受験を意識しない親が国立の保護者になると、こうなります(^^)

 中には、国立に入れないことにとてもショックを受ける方もいます。 でもね、やはり子供と学校は縁だと思います。 

 今回三女は国立はどこもダメでした。 正直、私立も受験するべきだったかと思いましたが、やはり私達のスタイルには合わないと思いました。 区立は、大変よく勉強をさせてくれます。 また、細かい問題を見つけてくれて、専門の指導を考えてくれます。 それには驚きました。 三女は、親の私も成長の過程だと見過ごしていた、「聞こえ」の問題を担任の先生に指摘されました。 聞こえる音と、書き出す字が違うのです。 「ぎょ」が「じょ」になったりです。 まあ、ひどいものではないので、成長ともに改善もしていくと思いますが専門の先生が、面接をしてくれています。 はっきり言って、国立では決してカバーをしてもらえないことでしょう。

 ただ、やはり長女と次女はそれぞれの国立附属が合っていました。 長女も問題を抱えた子でした。 でも、小学校2年で会えた先生が、長女を上手に導いてくれました。 おそらく、長女が次女の学校や、区立へ行っていたら今の長女はいないでしょう。 

 次女も同じです。 長女の学校や区立だったら、恐らく楽しい学校生活ではなかったと思います。 

 結局は、それぞれがやはりそれぞれに「合う」学校へ行く事ができました。 もちろん、国立附属はひとつのブランドです。 親は誇らしいことではあります。 でも、大きくなって大学まで考えた時、もう関係のないことになっています。 
 
 受験の時は、それしか見えません。 でも、結果には意味があります。 その意味を間違えないで受け止めることが出来れば子供にとって最善の道が用意されているはずです。 どの学校に行く事になっても大事なことを見失うと、子供が結局つらい思いをする結果になってしまします。

 また、こんな悩みは東京ならではなのかもしれません。 子供たちが国立附属の学区にいることで生じる悩みですよね。 私の生徒さん達も、今はそんな時期でお母様たちがとても頑張っていらっしゃいます。 
頑張って欲しい思うと同時に、皆様の幸運をお祈りしています。
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2012-10-07 13:41 | 運営ダイアリ

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo