スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

注射

 今週は、長女が入試期間で中学がお休みでした。 ちょうどよいと思い、予防接種を終わらせようと病院へ行きました。

 中1の間だけ、MR2回目と子宮頸がんが無料で打てるので、3月末までに行かなければと思っていました。
長女が小さい時は、まだMRがなくて、風疹とはしかは別々で1回接種したのみでしたので、この年令の子は区から、MRで2回目をうつように問診票が送られています。

 MRは中学からも早く打てと、数回手紙をもらっていたのでなんとしても打ちたいと思っていたのですが、子宮頸がんの三回目も何とか打たなければいけません。 
でも、MRは接種後4週間空けないといけなくて、子宮頸がんは1週間。 でも、子宮頸がんは2回めを打ってからまだぎりぎり5ヶ月が経っていません。 悩みながら一応2種類とも問診票を持って、病院へいきました。

 すると先生が「2つ打ったら?」と言われ、「え、できるんですか? じゃあお願いします」と娘の意見も聞かず答えたら、娘が「ちょっとまって、なんで4週間空けないといけない予防接種を2種類同時に打っての?」と先生に質問しました。 私もなんとなく疑問でしたが、まあいいかと流そうとしていたところでした。

 先生は「お、よく気がついたね。」と説明をしてくれて、娘は「なるほど、わかった」と納得してくれました。
左腕にMR、右腕に子宮頸がんを打ち、「失神する人もいるから少しだけ様子見たら帰っていいよ」と言われ、5分ほど様子をみて帰りました。

 子宮頸がんは、筋肉注射で痛いと感じる人にはとても痛く、失神する人もいるようですが、娘は割りと平気です。「痛いけど、まあ気を失うほどではないよ」と。

 これで、すべての予防接種は完了! 長かった・・・。 あとは、欧州に行くなら「B型肝炎ね」と先生に言われました。 「B型肝炎?」 予防接種にあるんですね。 知りませんでした。
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2013-02-08 10:12 | 子供との日常

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo