スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

子どもたちの成長

 今2年生の生徒さんの多くは、1年生の時から通ってきてくれているお子様です。

 塾へ行かせるタイミングというのはどのご家庭でも迷うところだと思います。 必要性や効果を考えると1年生から行くこといいのだろうかと思うこともあると思います。

 今日は通ってきている生徒さんたちを見て成長したなと思うことを書きたいと思います。

 1年生の最初から2教科を1時間ずつ2時間する生徒と30分ずつ1時間する生徒がいます。 1時間にするのは、1年生ではまだ大変ではないだろうかという親御さんの心配が大きな理由です。 でも、子供は勉強をする時間だと理解すれば2時間週一回集中して勉強することは、1年生から問題なく出来てしまいます。

 1年生ではまだあまりたくさんのことを学ぶわけではないですし、もちろん親御さんが教えることが簡単な内容です。 でも、やはり家にいると2時間集中して勉強する環境は非常に難しい場合が多いと思います。 
 子どもたちも親に言われて勉強するのと、塾で勉強するのは気持ちの上でもぜんぜん違うようです。

 ここに通ってきてくれている子は、繰り返しの復習もたくさんします。 国語が苦手な生徒は多いのですが、子供に合わせて本を読むことを練習させます。 音読がスラスラとできない生徒さんは読解問題が苦手です。本を読むことも「練習」が必要です。 「読んできてね」とか「読むといいよ」では本は読みません。

 算数も国語も得意な生徒さんもいます。 どの生徒さんにも共通するのは「勉強する」ことが習慣づくことです。 クラスに来て勉強して、宿題をもらって、家で少しの時間宿題をする。 また家では学校の宿題もする。 そのことが当たり前になります。 
実は、このあたり前のことが家にいるだけになると以外と難しいことなんです。 つい、親御さんも声を大きくしてしまう場面も増えてしまいます。 子供は親になんでも従うものではないですし、そうあるべきでもないかもしれないからです。

 学習の習得度は子供それぞれ違います。 ここでは、個々に合わせて課題を出し、それをできるようにサポートします。 ご家庭との連携も大事です。 

 中にはとてもとても手強い生徒もいます。 みんながみんな完璧にはなりません、でも進むべき道はしっかりと見えるようになります。 これからも、一人ひとりしっかりと見て行きたいと思います。

 あと一ヶ月後にはみんな進級して学年があがります。 はやいな~、といつもいつも感じます。 
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2013-03-07 09:34 | 運営ダイアリ

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo