スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

新幹線自殺のニュースを聞きながら・・

(クラスとは関係ないですよ。わたしのボヤきだと思って時間があれば読んでくださいな。)

大きなニュースですよね。でも、ニュースというか、ワイドショーの方を見ながらすごくモヤモヤしてしまうのは私だけでしょうか。
司会者とか、レポーターとか、コメンテーターとか声高くして「安全」について言ってますが、ヨーロッパとか他の国と単純比較だけで「足りない」というような事言いますし、「安全神話が崩れた」みないなことを司会者が何度も繰り返すと、もう少し客観的にしゃべること出来ないのかなと演出じみていて、好きではないんですよね。

私もうまく言えないけど、日本ということを考えないでヨーロッパとかと比べちゃダメじゃないですか。日本はやっぱり「人」ですよ。世界に出ても、「人」として誇れるものが日本人って多いですよ。 単純比較で、「ダメ」というのは簡単で、正しいように聞こえるけど、正しくないと思う。
確かに、安全や予防策って必要で考えるのは必要。だから、それでいい。だけど、JRが悪いとか、JRが対策が足りないとかは結局何かが起こる度に、ルールを厳しくしていくことしか出来ないよね。でも、実際出来ないですよ。今回の事も悪いのは「人」だもの。やろうと思えば、なんだって出来ますよ。でも、そうしないのは日本人の国民性や人間性が教育で培われたおかけですよね。

だれも、教育については言及しないのね。もちろん、すごーく長いスパンでのことで、効果がすぐ出るものではないけど、結局「人」を「育てる」過程を見直すべきなんじゃないの。 私が、民主党に票を入れないのは、「批判ばかりで、代替案をなにも言わないから。(聞こえてこない)」 選挙の時に出た公報とかで、与党を批判だけの人がほとんどだと思う。「我々はこう考えてますよ。」とか「こういう政策はどうですか。」って誰も言わないでしょ。与党を批判していればとりあえずいいやって感じに見えてしまい、小学生でもそんな議論しない気がする。私は、政治は素人だから、間違った見方なのかもしれませんが、最近のテレビやマスコミも似たような感じがする。
とりあえず、「批判」。否定的なことを言ったほうが、相手の気を引くのでしょうけど、コメンテーターの人とかが話す言葉って影響力があるのに「論点がずれてるな~」と感じることが多々ある。否定的なことを言う方が、もっともらしいのかもしれないが、言っている本人が本質を全く理解していない感じが多くある。
街頭インタビューとかも、絶対批判的なコメントだけを使う時多くないですか。それも、聞いていてあまりきちんとした考えには聞こえないことも多いから、テレビ局が意図的に抽出してるんだなって思ってしまいます。

71才なんて、親の世代だから今より厳しい教育だったんだろうけど、「人」が崩れてきてますよね。歳をとることで、人間性が悪い方へ変わってしまうのだとすると、恐いですよね。私も含めてですけど、子供を「教育」出来ない「親」も多いと思う。今の教育は「生きる力」を育てる事に変わりましたが、「生きる力」って抽象的過ぎて難しいですね。 勉強って大事ですよ。 人は自分の知っていることの中からしか物事考える事できませんから。 でも、勉強が出来る子もいればそうでない子もいますよね。 当たり前です。 「勉強」の捉え方をどうするかによって、「出来る」「出来ない」も変わってきますよね。 私は、次女には「出来る」範囲をすご~く広げようと思ってます。 長女はズバッと「勉強が出来る」でいいんです。それにプラスして、自己肯定感を高めているのでそれを武器に将来活躍できるでしょう。 だから、自己顕示欲は驚くほど低い。 私は、自己肯定感と自己顕示欲は反比例すると思ってるんですよね。一見自信ありげに自己肯定感が高そうに見える人に限って、自己顕示欲が高いとそれは逆に、自分に自信がない表れで自己肯定感が実は低い人だと思ってます。 だから、次女に対する今の目的はとにかく自己肯定感を高める手伝いをすること。

この71才の人。自己顕示欲の塊だと私は思うわけですよ。「逃げなさい」なんて声を掛けている時点で自分を「正義」だと勘違いしてる?精神疾患か、発達障害があったのかもしれません。頭が良くても人を殺してしまう人もいますよね。だから、自分が子供を育てながら「80才になった時、いいおばあちゃんになっていてほしいな。」と時々考えながら声をかけるんですよね。 そうすると、時々矛盾してしまいますけど、「勉強しなさい。」↔「勉強だけじゃない」。机の上での勉強と、人としての経験と、私も足りないながら周りの協力を得て子供を育ててます。

最後に気が付きました。私のこのブログも批判的?? うーん。 

[PR]
by kidszone_bunkyo | 2015-07-02 09:24 | 子供との日常

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo