スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

ロータリークラブ青少年交換派遣生

 この夏、長女はロータリークラブの青少年交換留学生派遣に応募して試験を受けました。

 私から見て、初めて本人が自分の意志で真剣に「合格したい」と思えたものだと思います。高校受験でも、この気持はなかったと思います。
結果は、「合格」でした。 よく頑張ったと思います。

 来年の夏から一年間どこかの国へ言ってしまいます。「日本の親善大使」という役割で留学するので、それまで様々な訓練を受けていくことになります。
親はサポートするだけですが、留学経験者の私としては、帰国後元の高校へ戻ってからが逆に大変だと思います。 感じ方や視点がガラッと変わり、当たり前だった風景が少し物足りなくなるでしょう。留学後は元の学年へ戻る予定なので、高校卒業は19才になります。気持ちの切り替えをうまくしないと、先に進めないでしょうね。
その辺りの精神的サポートは、私の役目だと思っています。私の経験が少しは役立つのではないでしょうか。

 心配なのは、本人だけではなく妹達です。 姉妹で同じような道へ進む場合もよく見かけますが、家は全く違うと思います。だからこそ、それぞれが姉の存在をポジティブに捉えて、自分とは切り離してほしいと思います。その手伝いも私の役目でしょうね。
こちらは、経験があるわけではないですから、私もよく考えて、見て、行動していかないといけないでしょう。

 また、今後色々な経験ができそうです。学校も小中高と姉妹それぞれが違い、すでに幼稚園を含めれば9校ものバラエティあふれる学校を親として経験してきましたが、まだそれが広がるとは思っていませんでした。おかげさまで、親としても視野が広くなります。
少々年齢が上がってきたので、息切れもしますが、まだ楽にはなれませんね。

[PR]
by kidszone_bunkyo | 2015-07-27 09:24 | 子供との日常

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo