人気ブログランキング |

東大娘とかるた娘と画家娘

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

お茶の水付属校から東大へ 〜個性強すぎた付属校時代

一年ぶりのブログになります。

個人塾を閉室してから、私自身は会計事務所に勤め始めました。まあ、簿記の資格はありましたし、元SEでもあり最近の会計クラウド的なソフトも初見で比較的スムーズに入れます。やはり、コンピュータに強いというのはなかなか武器になりますね。色々勉強にもなり楽しく仕事をしております。

さて、何度も書いてますが長女の話。
お茶の水女子大学付属幼稚園、小学校、中学校から、都立西高校へ進学し、現在東京大学に通っております。
お茶の水女子大学付属校時代は変わった子だったので母としては大変悩みが多かったです。発達障害のグレーゾーンで学校では寝てばかり。これも特発性過眠症が関係してます。また、偏食がひどかったのですが、これも発達障害の影響で過敏症なんですよね。私自身も今ならわかりますが、先生方で理解していた方はいないですね。好き嫌いとしか捉えられない。
お茶の水女子大学付属校時代の同級生は娘が東大に現役で、塾も予備校も行かず、しかも高校一年スキップして高校三年生の秋からの自学の受験勉強だけで合格したとは信じられないでしょうね。

高校は変わった子の多い都立西高校にしました。日比谷の雰囲気は娘には合わないと親子で思ったので。
高校二年生の時ロータリークラブの青少年派遣候補生としてフランスへ派遣されました。
この時、学校先生は留年を薦めましたが、娘は面倒だからと休学して戻った時に元の学年に戻る事を決めました。先生も一年スキップして東大に受かる子はいないことはないけど難しいよとは言われてました。
一年のフランスでの派遣生活の後高校三年生の夏に帰国しました。9月に受けたテストでは順位は130番台まで落ちていたそうです。フランスに行く前は5位以内にはいたかな。このことは東大に受かってから聞きました。まあ、それから塾に行くこともなく自分で勉強を始めセンター試験まではよく勉強してました。
ところが、センター試験の後、プシューッと空気が抜けたようになり、二次試験までの約1ヶ月ちょっとは毎日スマホで漫画ばかり、勉強は過去問を一教科やるくらいでした。これは落ちるなと思ったんですけど、するりと合格してしまって、謎です。
我が子ながら、なんで?です。予備校も塾も行ってないし、これで受かるの?って感じです。

私には下に二人娘がまだいます。こちらは全く勉強ができません。長女も私が頑張って東大生にしたわけではなく勝手になったので、下が同じようになるわけないですよね。
次女は勉強が全くダメ。でも競技かるたは本気。東大生とも対戦しました。
三女は絵が得意。工作も好き。伝統工芸士を継いでもいいと言ってくれてます。よく、兄弟で東大って聞くけど、うちは三者三様です。でも勉強出来ないのはすご〜く大変な事です。

個性の強い子を育ててきた中でいろいろな事に気付きました。またそれらを書いていきます。

by kidszone_bunkyo | 2019-04-04 19:45 | 子供との日常

個性の違いすぎる三人の娘を育てる母の感じたことを書いていきます。


by kidszone_bunkyo