スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

フォニックスの勉強

フォニックスという勉強は私が子供のころにはなかったと思います。
私がレッスンの中でフォニックスを取り入れたのは数年前からですが、子供は耳がいいので小さい頃からフォニックスを勉強することは発音も良くなるし、英語を読むのことが難しいことではなくなるのではと思います。

 私は子供のころ英語教室へ通っていた時に、同じ年のお友達が英語が得意で初めて見る単語でも読むことができるんですよね。私にはすごく不思議で不思議で「どうして読めるの?」と聞いたことがあります。彼女は「なんとなくだよ。」って答えてくれたのですが、「なんとなく」ってどうやって読むんだろうと本当に不思議で、また彼女がうらやましくて仕方ありませんでした。
 その後、私はいつ頃から「なんとなく」英語を読めるようになったのか覚えていないのですが、フォニックスという勉強を取り入れていればきっとその意味がわかったのではないかなと思います。

 私たちも母国語である日本語は、特に頭で考えなくても使えるし、読めるし、会話ができます。それは、いつからできるようになったというはっきりとした区切りはないですよね。英語も同じように、母国語を操る感覚で使えるようになるためにフォニックスの勉強はとても役に立つと思います。

 私が使っている教材は、ジオスの「はじめてのフォニックス」です。いろいろな教材が出ていますが、高いものは必要ないと思います。CDが付いているものがいいでしょう。

 最後になりましたが、フォニックスって何?です。
 
 フォニックスは、ABCを「エイ、ビー、シィー」といったアルファベットの名前ではなくて、「ェア、ブ、クゥ」といった音を勉強します。(カタカナで書きましたが、実際はカタカナ読みができるような音ではありません)
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2008-02-17 21:54 | こどもと英語で遊ぶ会

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo