スタディルーム文京 ―こどもの学習スペース

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 20日 ( 1 )

もがいています

 あたりまえですが、子供達はどんどん大きくなっていきます。昨年末に引っ越しをしました。今までのところよりずっと広くなり、なにより光が入ってきます。以前のところは、長女が1歳半の時に入ったお部屋でその後、二女、三女が生まれスペース的に限界でした。
やっぱり、引っ越ししたことで生活感がガラッと変わりようやく普通の「家」という感じです。
 
 さて、それはさておき今子供たちに何をしてあげるべきか、また私が何をしたいのかを考えもがいています。子供達には、やはり目標や楽しみをもって子供時代からすごしてほしいのです。でも教育熱心な母親になりたいわけではなく、子供たちの将来のために布石を残してあげたい。でも、基本は「楽しく」時には「緊張感」を持って毎日を過ごしたい。
 
 子供の習い事に関しては、私なりにすごく考えています。なにが大事なのか本当にみるべきところを見ないと、無駄に時間とお金を使うだけで子供に残るものが少ないのではと思うのです。
やっぱり、自分の経験を元に考えるわけですが、子供が自分で環境を整えることは限界があります。やはり親が環境は与えるべきだと思っています。自分は、どちらかというと自分自身で環境を作ってなんとかやってきましたが、親がもう少し何かをしてくれればという気持ちが残っています。私の両親はできる限りのことをしてくれたのだと思い、感謝はとてもしています。親の視野はできる限り広くないといけません。それでないと偏った環境しか与えられません。
 
 今は、頭の中でぐるぐると何かを考えていますが、はっきりとした考えが浮かびません。困りました。
自分自身も何かがしたくて、でも何をするべきかわからない。本が読みたいけど、何を読むべきか分からず、本屋さんへ行ってもこれといって目に入るものがない。自分が習い事をしたいわけでもないが、何かをがんばる、練習するといったような状況がほしいと思う。
 
 そんな感じで、いまはもがいているといった状況です。でも、考えることをストップはしません。進行形で明日も考え続けていきます。
[PR]
by kidszone_bunkyo | 2008-01-20 19:43 | 子供との日常

東京都文京区にある小学生までの子供たちが学習するスペース。英語、国語算数、自習


by kidszone_bunkyo