人気ブログランキング |

東大娘とかるた娘と画家娘

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

2010年 03月 07日 ( 1 )

三年生 算数問題

さあ、いよいよ年度末です。

現在、ここでは二人の三年生が勉強にきてくれています。 算数もまとめに入っていますが、計算はまあ大分上達してきました。 わり算の筆算に入ったところです。

しかし、文章題にずい分と苦労をしています。 計算は出きますが、その計算にいたるまでの過程がつまづいてしまうようです。

まずは、文章題に「かけ算」などと表題がついていれば、迷わずかけ算を使って式を書きますが、文章題のプリントに「かけ算、わり算、足し算、引き算」のどれを使えばよいのか明記していない場合、たいていかけ算とわり算を間違えます。それでも、問題数をやっているうちに慣れてきました。
ところが、かけ算の場合文章題をよく読んでいないと式の計算の順序を正確にかけない場合があります。

例えば:
 
野球の試合には25チームが参加しています。1チームが15人の場合、全部で何人が試合に参加しているでしょう。

といった問題があったとします。みなさんはどの様に式を書きますか?

25×15=375 としますか? それとも、 15×25=375 としますか?

どちらも答えの数字は一緒です。 でも、問は「何人?」を求めています。 この場合後者の

15(人)×25(チーム)=375(人) が正しいです。

でも、慣れていないと問題に出てきた数字の順番で式を書いてしまいます。これは、小学生の場合先生によっても半分点をくれる先生もいますが、前者の式では間違いになってしまいます。

その他にも、間の数を見る文章題など・・・・。

たけしくんたちは1列に17人並んでいます。たけしくんの前には4人います。たけしくんの後ろには何人いるでしょう。

 17-4=13 (ただしこの数はたけしくんも含まれています、そのため)
 13-1=12  たけしくんの後ろには12人います。

このように、-1をしたり、+1をしなければいけない問題が苦手ですね。図に書くとわかりやすいのですが、「出来る」と思い込んでいるのでなかなか素直に図に書いて確認をしてくれません。

まあ、まだ春休みもあります。もう少し文章題の苦手ポイントを克服出来るようにこちらも指導して行きますよ!

スタディルーム文京
by kidszone_bunkyo | 2010-03-07 23:27 | レッスン情報

個性の違いすぎる三人の娘を育てる母の感じたことを書いていきます。


by kidszone_bunkyo