人気ブログランキング |

東大娘とかるた娘と画家娘

kidszone.exblog.jp
ブログトップ

タグ:中学生 ( 5 ) タグの人気記事

中2三女への英語指導

三女が中学二年生になりました。
どうも英語と社会の成績が大変まずい状況です。

どうしても三人姉妹になると長女の時の経験基本になってしまう事から抜け出せません。長女は中学一年生頃までは大した成績は出てませんでしたが、中学二年生頃より自分で定期テスト前なども予定を立てて、塾も上手に利用して成績は上がっていき、東大へ入る基礎が出来てきたのがこの辺りに周りの目からは見えます。ただ、次女の時長女のような変化を期待しつついたら、大失敗😓 全く最後まで勉強に対する姿勢や成績が変わることはありませんでした。本当は元が長女とはタイプが違う事を知っていたのですが、長女と同じ塾に通わせ大丈夫と思い込ませて、私も時間がない事で向き合ってあげないままでした。

そこで、三女はどうかというとやはり長女とは違うよう。かといって、次女ほど勉強が苦手なわけではない。ただ、塾には行かせてません。中学までは行っていましたが、あまり効果があるように思えない事と、自宅でも十分にフォロー可能だと上二人の経験から感じるためです。
二年生になって、英語の指導をきちんと始めようと思いました。そこで週2回は私との英語の時間を決めました。教科書に沿った内容の問題集を使い、解説に1時間ほど使い、後は一週間の間に問題を解きます。その時は私もなるべく一緒にやっていきます。
ほんの一、二回やっただけですが、学校で同じとこをやった時今までより「わかる」という感覚を味わったようで嬉しそうに話してくれました。とりあえずは、第一歩です。

次は社会を一緒にやってみようと思ってます。こちらは、娘が私に教えるスタイルを取ろうかと思っています。どんな効果があるか楽しみです。GWはチャレンジ週間にしてみます!

by kidszone_bunkyo | 2019-04-25 08:32 | 子供との日常

かるた娘 〜次女のお話

かるたに夢中の次女は長女と同じく国立の付属校に幼稚園から通いました。次女も高校で外部に出ましたが、長女とは逆に勉強が出来ないために外部の学校を受験しました。それでも、とにかく好きなことに一生懸命な為、落ち込むとかコンプレックスを、持つとかはありませんでした。
私も、好きなことにのめり込むのもいいかもと思いましたし、世の中みんながみんな勉強できるわけじゃないので、こういった子もいるという認識でした。

中学に入ってからかるたを始め、みるみるうちに夢中になって、成績も挙げていきました。中学三年の時には東大生と対戦をしてスーパー中学生としてテレビにも出ました。

実は小学二年生の時には学力というより、学習能力に偏りを感じて学校の先生に相談もしました。
東京学芸大付属でしたからスクールカウンセラーの大学教授にも相談しましたが、学習障害が専門ではないためあまり意味がありませんでした。
学校の先生も体育会系の先生が多く、お茶と違いあまりその辺りの勉強が出来ている先生もいらっしゃいませんでした。この時にもう少し自分でも勉強すればよかったのですが、長女の方が問題が大きく感じてそちらに重きを置いてしまってました。

ただこの時に感じていた学習能力についての違和感は間違ってなかったのでしょう。だからと言って、失読症や失計算症があるわけではありません。文字は読めるし、計算はできます。ただ、シンボリックなものに置き換えられた情報を処理する事に困難を持っていました。例えば楽譜などはなかなか読めるようになりませんでした。論理的なものの考え方が苦手で、数学は苦手。英語もある意味日本語を別のシンボルに置き換えているようなものなので全く理解してませんでした。

中学での成績は本当に悪く、見事に長女とは真逆でした。そんな彼女が、かるただけは本当に頑張っていて、私も各地の遠征に車を出したり付き添ったりできる限り応援してきました。確かにここまで好きな事があるのは羨ましいし、それだけでいいという方もいます。
私としては、大学は必ず行って欲しいとは思っていません。勉強をする目的が曖昧なうちは行く必要もないと思っています。
ただ本人は行きたいようです。しかし、そのためにはやはり勉強をするしかないはずなんですが、できていません。私の考えは学校の勉強が出来る出来ないより、幅広く賢くあって欲しいと思っています。長い目で見た時に、社会の中で役割を持って生きていていく力をつけてるかが重要です。
ただやはり、それには勉強が必要ですよね。何とか本人から学ぶ気持ちを持って欲しいなと思っています。
礼儀やマナーはしっかり身についていると思います。
そこは大事にしてきました。

by kidszone_bunkyo | 2019-04-05 17:55 | 子供との日常
一年ぶりのブログになります。

個人塾を閉室してから、私自身は会計事務所に勤め始めました。まあ、簿記の資格はありましたし、元SEでもあり最近の会計クラウド的なソフトも初見で比較的スムーズに入れます。やはり、コンピュータに強いというのはなかなか武器になりますね。色々勉強にもなり楽しく仕事をしております。

さて、何度も書いてますが長女の話。
お茶の水女子大学付属幼稚園、小学校、中学校から、都立西高校へ進学し、現在東京大学に通っております。
お茶の水女子大学付属校時代は変わった子だったので母としては大変悩みが多かったです。発達障害のグレーゾーンで学校では寝てばかり。これも特発性過眠症が関係してます。また、偏食がひどかったのですが、これも発達障害の影響で過敏症なんですよね。私自身も今ならわかりますが、先生方で理解していた方はいないですね。好き嫌いとしか捉えられない。
お茶の水女子大学付属校時代の同級生は娘が東大に現役で、塾も予備校も行かず、しかも高校一年スキップして高校三年生の秋からの自学の受験勉強だけで合格したとは信じられないでしょうね。

高校は変わった子の多い都立西高校にしました。日比谷の雰囲気は娘には合わないと親子で思ったので。
高校二年生の時ロータリークラブの青少年派遣候補生としてフランスへ派遣されました。
この時、学校先生は留年を薦めましたが、娘は面倒だからと休学して戻った時に元の学年に戻る事を決めました。先生も一年スキップして東大に受かる子はいないことはないけど難しいよとは言われてました。
一年のフランスでの派遣生活の後高校三年生の夏に帰国しました。9月に受けたテストでは順位は130番台まで落ちていたそうです。フランスに行く前は5位以内にはいたかな。このことは東大に受かってから聞きました。まあ、それから塾に行くこともなく自分で勉強を始めセンター試験まではよく勉強してました。
ところが、センター試験の後、プシューッと空気が抜けたようになり、二次試験までの約1ヶ月ちょっとは毎日スマホで漫画ばかり、勉強は過去問を一教科やるくらいでした。これは落ちるなと思ったんですけど、するりと合格してしまって、謎です。
我が子ながら、なんで?です。予備校も塾も行ってないし、これで受かるの?って感じです。

私には下に二人娘がまだいます。こちらは全く勉強ができません。長女も私が頑張って東大生にしたわけではなく勝手になったので、下が同じようになるわけないですよね。
次女は勉強が全くダメ。でも競技かるたは本気。東大生とも対戦しました。
三女は絵が得意。工作も好き。伝統工芸士を継いでもいいと言ってくれてます。よく、兄弟で東大って聞くけど、うちは三者三様です。でも勉強出来ないのはすご〜く大変な事です。

個性の強い子を育ててきた中でいろいろな事に気付きました。またそれらを書いていきます。

by kidszone_bunkyo | 2019-04-04 19:45 | 子供との日常
小学6年生のお子様が一人中学に向けて英語学習を開始しました。

まずは、単語です。最近はスマホやタブレットが進化して上手に使えばとても便利なものになってきました。

単語は、スペルだけ覚えてもダメです。読む練習も同時にする必要があり、それはちゃんとした発音で聞いて真似をすることが大事。

そこで、活躍するのがアプリです。大抵のものは、無料でもありますし、音声が付いています。

今回も、中1の単語を音付きで時間のある時に聞くと同時にスペルを覚えてもらいます。

金曜日はテストです。それまでにどれだけしっかりと覚えられるか楽しみです。

スマホやタブレットのアプリは、正しい使い方も同時に教えますよ。



by kidszone_bunkyo | 2018-02-05 17:44 | 運営ダイアリ

中学生英語指導 再開!

こんにちは。 お久しぶりです。

平成30年2月より、中学生英語の指導を再開することにいたしました。

とは、いいましても今までのような通塾の形ではなく、スカイプによる指導と在宅指導の組み合わせです。

引っ越しという理由で、閉塾をしておりましたが子供の学校の都合でなかなか引っ越しが出来ずにおりました。
その中で、中学生になった生徒さんたちが英語に大変さを感じているという声を聞き、
年齢的に、上記の指導形態が可能であると判断いたしました。

今まで通り家庭的な塾で、進学塾とは異なりますが、学校の英語学習を補助する役目を担えればと願っております。

ご興味がありましたら、まずはご連絡ください。

詳細は、下記ホームページでご確認ください。
をご覧ください。


by kidszone_bunkyo | 2018-01-29 11:25 | 運営ダイアリ

個性の違いすぎる三人の娘を育てる母の感じたことを書いていきます。


by kidszone_bunkyo